忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/12 14:14 】 |
自殺遺族に家主「借り手ない」と1億賠償請求も
自殺遺族に家主「借り手ない」と1億賠償請求も
 自殺者が12年連続で3万人を超すなか、「室内で自殺され賃貸住宅の借り手がない」などとして、遺族が家主や不動産会社から過大な損害賠償を請求されるケースが後を絶たない。

 不当な請求から遺族を保護しようと、全国自死遺族連絡会(仙台市・田中幸子代表)などは近く、内閣府や民主党に法案化を要請する。

 連絡会によると、一般に自殺があった賃貸住宅は「心理的瑕疵(かし)物件」と呼ばれ、借り手がつかなくなったり、家賃が大幅に安くなったりするため、損害賠償の対象になる。しかし、最近は遺族の混乱やショックにつけ込み、家主らが改修費などを過大に請求するケースが少なくないという。

 例えば、2008年に神奈川県内のアパートで一人暮らしの30歳代の会社員が自殺したケースでは、遺族が家主から部屋全体の改装費用200万円と5年分の家賃の補償金約500万円を請求された。納得できずに弁護士に相談し、200万円を支払うことで和解した。

 宮城県内では、アパートで自殺した娘の火葬中に不動産会社が押しかけ、おはらい料や家賃補償として計約600万円を要求され、実際に支払った例もある。アパート全体の建て替え費として1億2000万円を請求されたケースもあった。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/suicide/

新しい事をするには勇気と根性がいります。
それはとてもしんどい事のように思うかも知れませんが、
やはりそれは楽しいものです。そうでなければ続きません、、。


PICKUP
近眼が治る?!レーシック手術

婚活サイト

ショートケーキ

世界遺産『パルテノン神殿』について

任意整理を依頼した法務事務所

東京メトロ銀座線京橋駅

美ら海水族館

グラッパ

FXの取引に備えて磨くテクニック

着うた、着ボイス無料検索

PR
【2010/09/27 15:31 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<無題 | ホーム | 樽床議員 迂回献金を否定「収支報告書で届け出た」>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>