忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/20 10:25 】 |
第2のキムタク!巨人・寺内、捕手もやる
第2のキムタク!巨人・寺内、捕手もやる
 キムタクになれ−。巨人・寺内崇幸内野手(27)が12日、宮崎キャンプで捕手練習を本格的に開始した。ベンチ入りメンバーから“第3捕手”の誕生を期待する原辰徳監督(52)の指示によるもの。今年4月に急逝した木村拓也コーチ(享年37)が本職の内野手だけでなく、捕手としてチームを救ったように、指揮官は寺内にユーティリティープレーヤーへの進化を求めた。
【写真で見る】捕手もできた木村コーチ、急きょマスクをかぶることも
 宮崎の秋の日差しを浴びることもなく、室内練習場で黙々と捕球を続けた。慣れない捕手の防具一式を装着した寺内が、新たな挑戦を始めた。

 「難しいけど、自分ができることがあれば、何でもやりたい気持ちはあります」

 打撃マシンの球を約1時間受け続けた。防具は鶴岡、ミットは星のものを借り、村田バッテリーコーチのマンツーマン指導の下、捕球の仕方、送球の姿勢など基本動作の反復。中学時代に捕手の経験はあるが「ほとんど、やったことがない」と、ゼロからの出発だ。

 きっかけは原監督だった。「第3の捕手が出てきてくれたらいい。危機管理という点ですね」。今季はベンチ入り捕手が阿部、鶴岡だけという試合も多かった。しかし、不測の事態が起きれば、捕手不在というケースも十分に考えられる。

 捕手もできる野手の発掘は課題の一つで「木村拓也のようなユーティリティープレーヤーがね」と原監督。昨年9月4日のヤクルト戦(東京ドーム)で捕手が足りなくなり、急きょマスクを被った木村コーチのような存在の誕生を願っている。

 そこで白羽の矢が立ったのが今年は主に二塁、三塁の守備固めだった寺内。「守備はうまいし、センスがある」と村田コーチも期待する。

 「(木村コーチは)プロに入ってからも捕手をやっていた。僕はそう簡単にはできないと思う。コツコツ勉強します」。亀井の三塁守備、野間口のサイドスローに続く、秋の原マジック第3弾。来季は『捕手・寺内』が救世主になるかもしれない。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/giants/

「家は弱かれ主は強かれ」という言葉があります。
家屋は弱くてもよいが、主人はしっかりしていなくては
駄目だ!ということ。
本当にそうですね。あ〜もっとしっかりしないと、、w

PICKUP
秋田の引越し業者

ギザのピラミッド

借金調停「岡山県」

KONKATSU[石川]

返済苦「仙台市」

破産のやり方 長崎

東京メトロ南北線白金台駅

インプレッサの下取り

あなたの心を傷つける浮気

角膜屈折矯正手術(レーシック)

PR
【2010/11/13 11:31 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ジダン氏、レアルの会長相談役に就任! モウリーニョ監督と連携 | ホーム | 三浦淳に戦力外通告 現役続行を希望…横浜C>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>